読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(2016年・年頭メモ)

(2016年・年頭メモ)

 

JOYと「嫌だ」の一言が言えない人間の研究?

2016.01.12 Tuesday 08:16

JOYについてのある表現を読んで、ブログ書く意欲わき・・

研究ブログに、2チャンネル的掃き出しを一筆発信

ある表現・・念のため書いた人の意図とは無縁な私の妄想展開です。

-------------------------------------


「会計を同じくしている人たち」は、そこから必要なものを・(中略)・蜂蜜半分だけ
 ほしいとか、お惣菜好きなものを好きなだけ選べたり、自由度が高い。・・・」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 お金のいらない仲良い楽しい村・・という言葉を昔聞いたが、その当時も違和感を持っていた。
 今も、お金がいらないJOYなんて聞くと、現実・・見たら、そう言えるのかなぁ

 と、思っていた。ひとつひとつに値札が付いてない・・とか
 その都度、お金の支払いがない・その都度お金が介在しない・とか・・なら、同意できるが・・?
まだまだ、色々な面があるが
自分の理解の一つを追加すると
昔のテーマでいえば「共同購入・共有・共用・・?の違い」ということかな、①何しろ使う人は、月々なんぼ出資しているか関心がない②出資に見合うモノを使うという感覚もないだろう・・だから必要な分を使う③持ち寄るとき金銭勘定が希薄。会員でない人も持ち寄る。・・・などなど
家族でもないし。共同購入でもない

※マスコミや色々な人がちやほやするが、まさか浮かれてるとは思わんが、
 今の社会では「放送禁止・流通拒否」の内容を本質に含んでるから
 そこを、話題にする運動体や人となら共同研究連帯も可能だが、見当違いのちやほやなら、浮かれている人に、あほかと思う。

でも、郡山がPCの話題に疎いだろうからと毎日新聞買った。しかし新聞かみ
 の方には郡山の写真なかった。カラーで新聞に全国指名手配されるなんて面白いと,プレゼントしようと
俺は浮かれたが・・11日夕刻現在、豊田勇造のコンサートで会った彼の話では、毎日新聞って。。。なんのこと・・との反応。よし!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

勿論、お金と表現する観念も「先立つものは金だ」とか「金の切れ目が縁の切れ目」とか
「何をするにも金が要る」とか「結局金だろう」とか・・「金が全てではないけど・・」

なんて言う言葉に同意していた頃の【金】・・とは、変化しているが。

※念のため僕の頭の中にある「この白人会員専用のこのJOY」のことで
 「あのJYO」のことではないのであります。

BUT。しかしこのあたりの「シラベ」が、不十分ゆえに
豊田勇造さんのコンサトーの始まり前に河村の頭をこずいた。

これで二回目・・経過は省くが、子供の喧嘩・・お笑いを・・。
いやいや、俺、老境人の腹立ちだから・・それでは、すまんか

 それにしても、文化やアート右脳の活動とは無縁の河村が、
なんでコンサートに来てるのか、大脳新皮質だけで生きているかれが・・と

疑問に思ったが。一番前のかぶりつき(豊田さんと一メートル)の距離で
60年物のギブソンのギターの微妙な音色に耳を傾けようとしたら・・・

河村・中央、かぶりつきで
携帯の音は鳴らすわ、シャッターはカシャカシャ写真をフラッシュで撮るは
  (さすがsさん、フラッシュも焚かず音も聞こえず写真を撮っていた)
もひとつ、さすが、豊田さん、携帯を鳴らしてる河村に
 どうぞ、「ゆっくり出てください」・・と。過去のエピソードも話す。
 極めた人?は違うなぁーーーー・

河村の一メートル後方の座ってしまった俺からは、映像録画で、高く掲げた、彼自慢のタブレットの大画面が邪魔するは・・

後で、解った>彼は豊田氏の友人が自分の知人と重なっているから、それを
自慢しに来た。
だけで、コンサートを聴きたい人は「カラスの勝手=眼中にない」

・・という俺の頭の中のこと・・
※最後の曲はイマジンだったよ。牛さん

 ーーーーーーーーーーーーー

 この程度の「シラベ」理解では、ややこの仕組み薫風に吹かれて、少しは人間性復帰・本性回帰の
変化が、あってもおいつかない。自分も縛り人も縛る病と診断しても、治療は・・。

BUT、JOYの価値・効用の話に戻るが」

 先日我が家の冷蔵庫にいわれのあるハイネケンの高級ビールが、一ビンだけあった。
 呑み助の来訪者が「飲んで(いいか)」と典子さんに聞く。
 典子さんそれは「木全さんが買ってきたものだから木全さんに聞いて」・・と振る。

 「いいか?」・・と聞かれたら「悪い!」というのは(悪い)から言えない(^_-)-☆

「飲みたい」。。だつたら。「そのビールは置いといて」とか。
 「ウイスキーの水割りでは・・?」とか、反応が変わったかもしれないが・・

 さらに
「飲んでいいか」の言葉を、相手は「飲みたい!」と言っている・・という事実にしてるから
変幻自在・自由闊達自在の対応(ニュートラル)、心を観る・・なんて。。無理。

しかし、これがJOYの仕組みの中なら・・
 まず「俺の冷蔵庫」がない「俺の買ってきたビール」もない
念のため木全君
JOYが、そうだ!じゅあないよね。俺がそう見ているか?だぞ。
 「うんんんんんんーーー怪しいかなぁ」

まあ、続けよう・・・

 

「このビール欲しい」「はい、どうぞ」で済み、そういうやり取りが日常の中では
左脳で事実と思いの分離や、賢くもない左脳頭で「所有とは」なんだ?
などと考える必要なく

 はい、どうぞ・・で、かなりまで行ける。

 最近。河村が、固い契りを交わした俺を裏切ってJOYの会員になり
 ビールを12本も抱えて、JOYの暖簾から出てきたのに出くわした時は
腹が立ったが。。


- | comments (0) | trackback (0)
  

開演 2016年度1月マイライフ

2016.01.10 Sunday 07:28

昨夜のマイライフ

「話せば解りあえる」「冷静に観察すれば判る」・・・こういうのって誤解・対立の元。
 理解しあう・・・というより。
 「違いが鮮明になる」「自分の状態が見える」・・・程度の表現の方が、実際に迫っているのでは・・
 と、今日現在では、思ってる。

 今日2016年1月度のマイライフは、東京から、会社員生活で一週間の休みはなかなか取れないが
経営者カレッジを経験して、せめてものと・・この為に?来たという、aさんや、
 僕があまり知らない
bさんdさんが、参加していて、ここの?気風を醸し出す人が、無口な船田さんしかいなくて、
あせった。

いわば遠路この店の料理を味わいに来た人がいるのに、料理人がいない!・・というイメージ(^_-)-☆

普段なら、好き勝手にしゃべるパーセントが、かなり高いのに、質問に答えようとしたり
理解してもらおう?・・との[立ち処]・・で言葉を選ぶから、ますます誤解を招くようだ。

 僕の気風・・醸し出す空気感(まとっている服は、防弾チョッキで)それを、結果的に溶ける状態を。
いつのまにか消える脱げた。。を、模索・研究しているのだが、「北風や太陽」になっている。

デイペート・討論状態・・行事役の会社員常識人の永野がいない。彼の薫風存在は大きいい。
 正月酒・・くらってるのか・・

 さて、今日は
①俺が、俺が・・自分は・・としている感覚はどういう状態か(してもらったしてあげた)
②相手のこと、外のことを話している自分か、内なるモノを「研究」している状態か
③話せば理解できると。。して、話してないか・・・

 ここに集中しよう・・