読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

庭の柿

f:id:kimata34:20151022160918j:plain

次男の昌平が庭の整備のついでに、柿を収穫してくれた。

しかし、しぶ柿「後は、任せとき」・・と大見得を切って

・・・鈴鹿に来たが・・・頼りにしていた、野生人の栗屋さんは、

まむしに噛まれて入院中・・・放置しておくうちに、熟れてきた。

じゅくじゅくを食べてみたら、渋が、薄まっている。

活けるんじゃないかと、どんぶりにいれて、焼酎少し入れたら

活ける。。。しかし、二日目・・・どぶろく?状態

三日目・・醗酵ヨーグルト・・四日目・腐敗・・・食べれない(>_<)

 

やっぱあ、日陰に残りは、干してみよう。

f:id:kimata34:20151022150603j:plain

●ヤルときは・・やるねええええ。

俺は、何もしなかった。

昌平一人で、5メートル以上の木も含め、うっそうとした庭を整備。

第一弾・・ゴミ袋60・・近く、たいしたもんだ。

 

一人ひとりを、尊重雨する・・これは、自分にとって

メルリットが、あるから、尊重する・・・という・・のでは、なかったな(>_<)

 

それぞれが、そのまま、尊重・・・。