読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NHK受信料

●先日鈴鹿でNHKの受信料払った

会長の給料は3000万円をこえる

それ以外にも「増田議員の番組は、まだ見てない。。という

能天気な理事でも、2000万円を超えるらしい、みんな受信料で、支払われてる」

老人は・・もう、功なり遂げた人達だから、実費ぐらいで、余生は社会にお返ししたらいいのに・・。」

ーーーーーーーーーーーーーーーー

NHKに関する国会でのやりとりが、放映されてる

そして増田望三郎の話題も、興味をもって拝聴した

この世の中は、、いろいろな大人が運営してくれてるんだなぁ

その、結果、教科書もタダ・・となり、大学も行ける。

もっと、謙虚になれや。。スターマックスコヒーは、日本の場合

100億近い税金を納めている(イギリスでは収めてないらしいが)

従業員に給料を払い雇用して・・経済活動の恩恵を受けて

綺麗な道が歩けて、ごみが回収され・・

もっと、現実みろや。。!!

なんてね

ーーーーーーーーーーーーーーーー

以下は、 長野県の安曇野市の市会議員を、やっている知人のブログの無断転用です。

彼とは、15年ほど前に、とある事務所で、二年ほど、同じ空間に居た。

いい加減な?人の多い中で、事務能力に優れ、すぐやる!人・・として、

民間企業の、仕事とは、効率的にやるのが「よい」・・との感覚でいた自分には

「なかなかの」人物・・と、思っていた記憶がある。

昨年末。安曇野市議会に立候補すると、聞いいて、老人の自分にやれる応援をした。

・・でも、「こういう生き方(シンテンゴウテキ・話し合う)・・」

こういう基本で・・権利と義務の現世の議会活動なんて、壁が・・高いやろうなぁ

と、撃沈を予想していたが、、、その実践力たるや、たいしたもんだ・・(^-^)

●望三郎市議のブログ http://bouzaburo.blog.fc2.com/

はじめての、安曇野市議会での、彼の一般質問までの、経過とか・・

自分の経験。30代で大阪の寝屋川市で、学童保育所・・を全校区に設置するために、寝屋川市議会と5年ぐらい運動的に関わった体験から、「ロス」の多い人生と決めつけていた。一方で、多額の税金を払うハメに??なったり、ゴミの収集をはじめ、学校建設・公園や道路整備、上下水道・健康保険・年金・障害者支援・・などなど・・

無数に今の社会システムに関与して存在している自分たちの暮らしに・・目が行くようになると、「根本的に違うんだ!!」・・と、観念のいじくり?・・に虚しさを感じている。

まあ、愚痴はまたにして、国会で百瀬議員に取り上げられたから

いいのでは、ないが・・たいしたもんだ。

老人たちには、無理やから・・彼を応援したいな。

長い録画だが、26分から31分までの5分ぐらいが

増田氏の話題。内容はないが?・・彼が、現実的哲学的具体的に

事柄を、展開しているのに・・老人の楽しみだ。

 

 

百瀬議員の質問は以下で見られます。
http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php?ex=VL&deli_id=43311&media_type=wb

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

問題が取り上げられました

10月の市議選において、望三郎の選挙戦の様子が
NHKのニュース9で『ネット活用で地方選挙は…』というテーマで放送されました。
 ↓↓↓
http://www.youtube.com/watch?v=mVl38gzdOBg&feature=youtu.be

その内容に対し、望三郎は偏向報道であると異議を申立て、
放送日翌日夜にはNHKの番組責任者とプロデューサーがやってきて経緯説明を受けました。

NHK報道を振り返る
 ↓↓↓
http://bouzaburo.blog.fc2.com/blog-entry-44.html

NHK報道を受けて望三郎が選挙を振り返る(動画あり)
 ↓↓↓
http://bouzaburo.blog.fc2.com/blog-entry-45.html


それから2か月近く。
あの報道問題が国会で議論されました。

12月3日の衆議院総務委員会の場で、
地元長野県選出の百瀬智之議員が「NHK」をテーマに質問しました。

百瀬議員は、望三郎選挙のNHK報道が歪曲報道だったとして取り上げています。
このブログに書かれた文章も引用しています。

国会という国権の最高機関で、この問題が取り上げられるとは驚きとともに、
あの時の無念さが多少は溜飲が下がる思いです。

百瀬議員の質問は以下で見られます。
http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php?ex=VL&deli_id=43311&media_type=wb

このページの百瀬智之議員のところをクリックし、25分50秒過ぎから約5分ほどかけて。

あのNHKの番組を見て、もやもやとした思いを抱えていた人、
ぜひご覧ください。