ホセ・ムヒカ氏、N高入学式で魂の祝辞

会場内のLEDビジョンに映し出されたホセ・ムヒカ
 
NEWS


「生きることは自由を懸けた戦い」ホセ・ムヒカ氏、N高入学式で魂の祝辞(全文)

以下にムヒカ氏の祝辞全文(和訳)を紹介する。

----

若者の皆さん、地球の裏側にある、はるか南の片隅から、お礼を言わせてください。

日本を訪れ、その歴史を垣間見られたことは喜ばしい経験でした。

皆さんは今、人生の門出を迎えています。

覚えていてほしいのは、人間は集団で暮らす社会的動物だということです。

1人では生きられません。

だからこそ人類は文明を築いてきました。

文明は先人の残してくれた最大の遺産です。

教育は私達にヒントを与えてくれます。
 


先人たちが築いた文明や、まいてくれた種を受け取るためのヒントです。

今度は私たちが教育を通じて成熟し、何らかの種を残す番です。

地球の未来と未来の世代のために……。

人生には自らのエゴとの闘いがつきまといます。

自分や大切な人を守るためにエゴは必要ですが、忘れないでください。

人間は社会を必要とし、他者なしでは生きられないということを。

そして覚えていてください。

生きている奇跡こそが最大の幸福だということを。

命は大切に扱い、守らねばなりません。
 


そして、毎日を精一杯生きてください。

痛みや試練を伴ってもなお人生の美しさは褪せません。

生きるということは、転んでは立ち上がり、前に進むことの積み重ねなのです。

生きることは、自由を懸けた闘いでもあります。

フランス革命のような大げさな意味ではありません。

もっと本能的でささやかな自由です。

すなわち人生の一定の時間を好きなことに使う自由です。

この世はビジネスや経済ばかりではありません。

愛情を育むためのゆとりを持つべきです。
 


愛する人や友人のために。

急いで生きる必要はありません。

焦る必要はないのです。

日々、人生の喜びを少しずつ味わってください。

欲に溺れてはいけません。

人は裸で生まれ、裸で死んでいくのですから。

友人や子供たち、大切な仲間のために。

なぜなら、愛のない人生など無意味だからです。

一方で、私たちは市場に圧迫されています。

市場は次々と物を買うよう私たちを駆り立てます。

そして時間を奪います。

皆さんが払うのはお金ではありません。

あなたの人生の貴重な時間です。

その代金を稼ぐために費やした時間なのです。

ですから、分別と節度を持ち、無駄遣いをしないでください。

そうすれば人生の自由な時間を失わずに済みます。

古代ギリシャの格言にもあります。

紀元前6世紀頃の言葉です。

“過剰の中の無“(多くを求めるな)

歴史は多くのヒントを与えてくれます。

日本の歴史にも、振り返り立ち戻るべき教訓があるはずです。

古来より続く皆さんの国には、たくさんの知恵と独自の歴史があるからです。

厄介なことに、人間というのは口で言われてもなかなか学びません。

実際に経験して、ようやく学ぶものなのです。

日本はとても現代的で技術の発達した国です。

でもロボットには、人間のような感情はありません。

だからこそ、学校生活や今の時間を有意義に過ごしてください。

大切なのは学び方を学ぶことです。

年齢を重ねるにつれ、多くのことを学びます。

でも、その度に悟るのです。

どんなに学んでも学び足りないと。

一生のうちに学べることは限られています。

あいにく、人間の命には限りがありますが、愛に限界はありません。

ですから、世の中に広めていきたいのです。

人間の能力は巨大なビルを建てたり、月に行ったり、深い海の底に潜ったり、遺伝子を操作することだけはないのだと。

自覚を持ち、助け合えば、世界は変えられます。

たとえどんな困難があろうとも、よりよい世界を築けるのです。

憎しみや戦争のない世界を。

そのためには、世界から過酷な貧困を取り除くこと。

そして、浪費をやめることです。

これらの問題は、人間が足ることを知らず、無駄遣いを繰り返した結果です。

世界では1分当たり200万ドルもの大金が軍事費につぎ込まれています。

それなのに、資金がないと言ってアフリカの飢餓は放置している。

人類発祥の地であるアフリカを見捨てるなど、恥ずべき振る舞いです。

皆さん、勉学に励み、その知識を人類のために役立ててください。

自分だけでなく、みんなのために。

南の大地より、感謝とハグを。

相手もわかってる+磁場

相手もわかっている。。という錯誤?

相手もわかっている。。という錯誤?

①ブログで聴き合「う」・・という文字を見ると
聴き合「い」・・だぜ!全然意味違うぜ。
と反応する。
●相手の事が(わかっている!)・・という反応。

②河村のブログの話をSさんとする。
「あの感じ・・初めてだよね」
「そうそう、・・やっと人間が始まるかも」・・と
まるで、このラーメン美味しいね。と
そのラーメンの話をする。・・かのように・・・
●相手もこのラーメンのこと、河村のことを言っている・・と
「思ってる」
自分が(思ってる)自分の脳の働きが(思ってる)(感じてる)
「感」が感に・・留まり、

♪「どうなっているんだろう」・・と知るが磁場で始まる。
 
実態編(自覚) | comments (0) | trackback (0)

  

⑩聴き合いが実現するには

⑩聴き合いが実現するには⑩の要素
【磁場】

●自分で何とかなる!ナンテ無理(裡にかなってないノデハ)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
話し合う時のまずは自分の状態として、
否定:責めるが無い状態・・・での、聴き合いが、実現する

人と人の、状態、関係・・として、本心からの話し合い状態を描いて観た。

妄想になったが、次回水曜ゼミの宿題は、まずは
日々の暮らし=ライフスタイルの地道な検証。

●一昨夜のKさんからのメールなのに、聴き合い・・どころか
彼のやることなすことが腹立ちの対象になる昨日金曜ゼミの自分だった
例:そんな大声で演説するな!!他の人が居るのが目に入らないのか?
  K氏に気配り!目配り!を要求するのが間違いだが
  狭い空間で5グループが話し合っているのに
  我がもの顔で,,しょうもないこと演説するな(~_~メ)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さて聴き合いが実現するには⑩の要素

それには・・
①自覚(自分の中で興っている反応)が実際では・・
②どうなっているんだろう。。という「知る営み」
③相手がいる(自分の受け取りとは別の相手がいる)
  共繁欲求(共に繁栄したいという願望)

・・・他にも「聴き合い」・・という状態が出現
そういう暮らしが日常化するには、見ていくところが、ありそうだ。
例えば、

④存在に対する考察観
  (人が生きていられるには、物心両面がある。)
この時の物・・という概念には自然なども入り、このような見えるモノと表裏一体で
精神心が存在している。主観感の入らない「その物」もありそうだが。(これも見え方)●無いと「オレオレ詐欺病」

⑤人の心を構成要素とした経営
(三人以上存在すると社会と云う観念があるようだが。一人であっても社会的存在)
だから、そこには協働行為が顕れる。夫婦:家庭:でもあるが人数が多くなると
そこを運営する経営するそこの人の心を構成要素とした仕組みが要る。自分の中)●無いと「ベキネバ病」

⑥自由な変身・変わり身・変化・変遷:心変わり:様変わり。
●無いと組織の固定化上下感偉い人が出現

⑦自分も含めた個の尊重。主体性

⑧人間らしい人間性の高さ・欲求の強さ(熱願願望)
上記の七つが実現していくエネルギーの根底には、人間として生きようとする欲求

⑨上記の八っが、本来が実現するには、人格が高く、志の強い見えてる人見据えてる人が要る
 既成の観念の教祖でもないし、民主主義的主体性でもないのだが、
 横一列のビックネーム・・というか。

【磁場】

磁場(エネルギー空間)既成言語で云えば文明というか流行というか、
そこにいると、そうなっっていくような空間。言語や思想だけでなく芸術や文化、
行為全般に変化を与えるような、男女の情感や人と人との交流感性。。
今、名前を付け、顕れている、こどもの家やスクール、JYOIにとどまらず
まだない芸術村や精神世界の分野、目に見えない文明を次孫に残す。

※こうやって書いてみると
知的革命私案(一)山岸 巳 
のパクリ・・で、本気度が、疑われるが。。。
まま、今、こうだと。。残して置こう。

ドライブレコーダー

8月18日佐藤金曜ゼミ
(忘れないで置こう余談として笑えないゼミでのこと)
Aさんが言った・僕の記憶
「思ったことが事実になるなら
冷蔵庫に、アイスクリームがある!・・と思ったら
冷蔵庫にある・・ならいいよね(^^♪」

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
人は(自分は)事実や真相を認識できるのか?

(答え)
認識・・捉えたモノ・・自分の脳力で捉えたもので
    あるかぎり、外にあるものでなく、自分の中の・・
(観察・実験・探究)
さて、どうなっているのか?
ーーーーーーーーーーーー
文句:批判(正しい満載の?自分がシラベルにチャレンジ中)

①:未来の「事実」
②:過去の「事実」
③:現在の「事実」

②過去の事実
ドライブレコーダーに横手から赤信号なのに、相手の車が
突っ込んで来る車が記録されている。
【事実】
これは過去の事実・・・。
  ※常識的な慣用句・・として、こういう時「事実」と言う表現に慣れている。
③現在の事実
相手がそう言った!ここに書いてある!目の前に座布団が三枚ある。
こういう感覚は、理屈的には薄れているし、理解しているつもりだが?
メールなどを、読んだり、何かを聞いた瞬間。
これは、おかしい!これは変だ!・・と反応する。
反応する。思う。
【思うである限り事実ではない】

思うである限り事実ではない・・・・という風に解明する:考える・・を
「見る」「シラベル」サイエンズ」でやる知能の道具は、所持している・・?
(以下のウンチクはブログに・・)
ーーーーーーーーーーーーーーーー
8月18日佐藤金曜ゼミ
昔、学習頭で参加していた、ベーシックのコースで、「見る」の解明は
した!ワカッテイル。カメを見た。でなく、見た亀だ!・・とか・・
その後、参加者のレポートやゼミの経験から
下記の図の黒い矢印(こちらから亀に発信しているわけではない!)。。と

f:id:kimata34:20170730173855j:plain

やっているのは、自分の頭の中の黄色と緑のリボンの
ぐるぐる回し・・。これは冷蔵庫に貼っていつも意識する
ようにしようとしたが

ところが・・
決めつけ。。先日18日のゼミでは、Aさんの思いも浮かばぬ見解?
を聞き・・自分の受け取りだが、黒い矢印もある。
こちらから亀に目を向け、カメと判断する作業もあるのでは・・。?

●まぁ、こんな風に「こうだ!」と思い込んでいたことが
ゼミの中で、動いていく。。これも、今は、そうだ!・・としている。(^^♪

「事実」・・という言葉にくっいている私の観念も
・・現実の自分の感覚や感情行為は、
どうも錯乱・混合しているようだ

公式は
世間の常識と異なり「事実」というモノ?の真相は、
人間の認識で捉えられるのは、勝手に妄想したもので
事実という言葉で表しているものは、
関連はあるかもしれないが、全て自分の受け取りで行われている事。

事実は、人間が捉えられるセカイではないのだろう
思うことは思うこと感じることの位置で・・楽しむ(^^♪・・か?

------------------------------
サイエンズが進むとどうなるか?
思うは思うコトとして・・感じるは感じるとして・・。

(参考)
「フィクション(虚構)」そのものが問題ではなく、
 「人間が作ったもの」つまり、「人間の考え」であるとの自覚が無くなってしまっているということ。
 「フィクション事実化」「フィクションを信じる」という馬鹿げたことを
人間全体で強化している。
まずは、それを知ること。それに気づくこと。

はじめは・・

自覚なんて・・考える。ことではないだろう?
自分が、原体験としている
「自覚の感覚は・・・」
目で見ずに、洗った丼をなぞった時、ぬるっとした
<big><b><font color=lime>【ぬるっーとした】
</font></b></big>
あの感じ・・自分の【中で立ち上がった】感覚。・・あの時の
あの!!!あの!!自分の感覚。。

(この丼は!!)洗えてない箇所がある。。と
・・・思う・考える前に・・

<big><b><font color=lime>【ぬるっーと、感じる瞬間があった】
</font></b></big>


ーーーーーーーーーーーーーーーー
事実は・・
自分の感覚から始まっている。。。どうも、そうらしい。のだが
※この世は、全て、自分の心のキャンパスに自分が描いた象で始まっている・・と
2000年前から、先人は言っている書いてる

{あ!嫌いな人が来た}
{あ!この人、自覚を勘違いしている。スタート勘違いしていては
   「本質に適ったあ社会は、こうだ!」・・、また、やってる・・

新しく出発してるのに・・まだ、こいつ
【真実の社会は、こうだ!】・・・とお経を念仏のように唱えてやーがる(>_<)

・・・・懲りないやつや、

留学生なんて、名前が、気に食わねえ!

また、世話係臭たっぷりに学園生の【私物化】・・している

見もしない・触りも・・してないのに・・

でもな、自分の主観感を、おろそかにしないぞ。
自分の感性をだましたらあかん

愚民:庶民:弱者は、強者:権力者:支配者に【私物化】
される。。(れきしがくしゃのキマタの歴史感)

福井さんのブログの読みすぎか、
http://291sky75.web.fc2.com/

「心」・・その①

「心」・・その①

私は後期高齢者と保険証に書いてあり・・
ガスコンロのやかんを忘れるし、薬も飲んだかどうか忘れるし
この部屋に何をしに来たのか?忘れる日々だが・・(>_<)

【今日、すばらしい、(^^)/・・発見をした!!!


肉体は衰え、筋肉も劣化・髪も細くなり禿げるが、
元々姿も形もなく、目に見えない・カタチもない「心」・・という
霊媒みたいなモノは、・・・外見の変化と関係なしに・・ある・・もの。。

 

心というモノは柿の実のように熟してポトリと落ちるものでもなく
桜の花びらのように・・満開で木の枝で咲いていても
散って、地面に落ちても変わらないもの・・・
種のように成長し続けるもの・・とか
とか、先人は、例えたが、

今日、ひらめいた!

心とは姿・形もなく無く、体の中にあるもの
・・まああ、あえて概念化するとしたら

死んだら肉体から抜け出す「霊」みたいなもんで
顔がしわくちゃになったから・・といって

ことしは、オクラの収穫する体力がないなぁーと

思ったからと云っても、姿も形もなく
人間の分別の観念で、成長したとか、しぼんだとか
思うのは勝手だが・・・

身体に心はある。。。(おそらくこれは無分別の世界だろう)
  ※考える。。というのは、分別の世界

心は脳の作業(ホルモンと神経伝達回路の働き)・・なんて
心の働き=脳の機能説は放棄しよう

ここに至った経過は、また整理しよう。

とにかく、心と身体の劣化とは、関係ない
幼児であろうが、AさんもBさんと姿かたちは、才能がある
出来る出来ない、金があるない・・・と、違っても
あれこれ評価するが、みな・・心が、、、(^_-)-☆

まずは、キマタ君「自分の心が見えますか???」・・という
問いと、発見・・・これは、大きい!!!

※いまさら、と川村師匠は言うが、いやあ、あんた実感:体得してない
 小田和正は歌の中で?(今、心が動いた♪)・・と歌ってる
 なんかのあの箇所・・昔から、気になっていた


・・・という今日の我説・・発見・・(最後でレベル下げたかな)
まあ、目指せ!恥も外聞も、捨て去って・・。心の命ずるままに
谷村新司「スバル」

唯識学では阿頼耶識?・・2000年前から、先人は、言っていた
・・だが、実現しないのは(戦いに明け暮れるのは・・)
方法を持たなかったから・・と巳代蔵氏は言う。

川村:kimataぺあーは、心、あらば愛児に楽園を!なんてお経を唱えながら
心の存在さえも気づかず

木全に至ってはsnsに吐き出すことで拡散して、ごまかして・・
右手のモニターには、始まった日本時間の為替相場
前面には、海外ドラマのTV
そして、これを書く
コーヒーとタバコは・・ひと時も離さず・・。

まあ、これも、現実。

月影

6月28日第二回水曜自主ゼミ

話し愛い・・のウンチクの前に・・

下記は自明の理・・??????簡単なこと
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
見て・聞いて・感じて、思う。反応する行動する。
これ、主語は、自分。自分の中で興っていること。。なのに( 一一)

これも、自分が「思うこと(意識)のコト」・・
どこまでも(自分の中のこと)私、独自の
他の誰でもない、私の秘密の世界
自分にあるように貴方にもあるだろうから
尊重するより方法がない。わからないから・・。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
これを日時を変え人を変え、何度も何度もやっている。
ここが自明にならないと・・心の成長・・なんて
話し合う・・状態なんて。。
小学校の道徳の教科書にも載っているイイお話
で終始するか、自分の経験借り物の知識の砂上の楼閣
づくりで、一生を終えるか・・。
能力の使い方は・・??

「話し愛い」・・なんて愛情の湧きようがない。
救いは・・・
Aさんの事例に
「実践的実話の公開:集合研究」を感じた。

唯識法然は、籠って修行したから、知恩院の建設・・で終わった。

若者のオープンマインドに、自主ゼミに端緒を感じる。

①月影・・ばかり見ていても見えない
②月を知らないのに、月影を経典の公式で解明しても実用にならない
③月があることを知る。目が行き辿り着くにはその通路を歩くには
月界の通路
※月と月影の法然さんのウンチクは、改悪した28日の会員ブログに

自分の過去の概念(経験:知識)より
「それ」を・・・次回は・・